ドライ貼り 施工例:パネル面

水を使用しない「ドライ貼り」はパネルなどへ貼る場合に有効です。

(1) (2)
雑巾を使い、水と洗剤で被着面の洗い、
ほこりを取り除きます。
シートを施工面にのせて位置合わせをし、
マスキングテープで仮止めをします。
(3) (4)
マスキングテープでしっかりと固定します。 シートを施工面からはがしつつ、 片手で押さえてます。
(5)
シートをはがしながら、スキージ(ヘラ)でゆっくりと大きくこすっていきます。
(6) (7)
雑巾を使い、水と洗剤で被着面の洗い、
ほこりを取り除きます。
シートを施工面にのせて位置合わせを
し、マスキングテープで仮止めをします。

 

水貼り 施工例:ガラス面

水を使用する「水貼り」はガラス面などに貼る場合に有効です。

(1) (2)
雑巾を使い、水と洗剤で被着面の洗い、
ほこりを取り除きます。
施工面に洗剤液を吹きます。
※洗剤液(中性洗剤1:水50)
(3) (4)
シートの台紙をはがします。 シートの粘面に洗剤液を拭きます。
(5) (6)
シートの位置を決めて軽く貼ります。 シートの表面にも洗剤液を吹きます。
(7)
表面をスキージ(ヘラ)で内部から外側の方向へゆっくりと強くこすっていきます。
(8) 完成
端からアプリケーションテープを180度の
角度でゆっくりとはがしていきます。
完成!

 

犬のように幅のあるものを貼るには、空気を入れないように注意。
シートの端の部分は特にしっかりと貼り付けてください。
貼ったあと、1日以上は触らないでください。

● 貼るコツ
・貼る場所は、ほこりや油をきれいに拭いておいてください。
(台所用などの中性洗剤を薄めて噴きかける)
・貼ったときに空気が入っていれば、針などで突いて空気を抜く。
・上のシートを取るときに、文字が外れにくかったり、貼りたい場所
からずれたりすることがあります。ご注意ください。

 

カット文字実例